誰にでもある秘めた想い >

誰にでもある秘めた想い

生きていく上で、「子供」の立ち位置って、なんなんだろう。興味無いって言える?「起業家」は、あなたにとってなんの意味があるんだろう。
写真

暑い日曜の日没はこっそりと

南九州に暮らしてみて、墓所に毎日、弔花をなさっている方がひしめいているということに感嘆した。
50〜60代の女性は、連日、墓に花をやっていないと、周りの女性の目が心配らしい。
毎日、菊をやっているから、毎月の切り花代も非常に大変らしい。
日ごとに、近くの老齢の女性は墓に集まってお花をあげながら、語らいもしていて、墓前の辛気臭い雰囲気はなく、まるで、人がひしめく公園みたいにはなやかな雰囲気だ。

涼しい土曜の日没はゆっくりと
夕食時に、サッポロビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近、その後にワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に接客の仕事をしないときに限定されるけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、住んでた部屋の近くでワインショップを見つけて、父の日のために買ってみた。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円以上の高級ワインを探しています」などと話して。
実家に贈った、そのワインが一万円することをついつい言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他に感想はなさそうだった。
そのことから、私はあまりワインの値段にはこだわらなくなった。
あー美味しいと感じる時間を過ごせるなら、値段や質にはこだわらないと決めた。

湿気の多い土曜の昼に昔を思い出す

夕方、時間にゆとりが作れたので、ゲオに向かった。
追加でMP3プレイヤーに挿入する楽曲を見つけるため。
この夏、よく聞いたのが西野カナさん。
いつも習慣になっているのが洋楽。
アメリカ人以外の作品もかっこいいなーと思っている。
ということで、今回借りたのは、アリゼだ。
甘いボイスとフランス語がミステリアスだと思う。

余裕で熱弁する姉ちゃんと紅葉の山
買いととのえた生地で、園に行く娘のきんちゃく袋を縫わなくてはいけない。
それは、嫁が裁縫するんだけれども、しかし、俺もしたくないわけではないので、面倒なようすだったら手伝おうと考えている。
道具を入れる手製の袋が幼稚園に通い始めるのにいる。
ミシンもいよいよ届いた。
使った感じも感じてみようと思う。

目を閉じて走る友人とあられ雲

少年は非常に空腹だった。
もう少しで夏休みという時期、学校からトボトボと帰宅していた。
セミは騒々しく鳴いていて、陽の光は強く、夕方でもいまだ陽は低くなかった。
少年は汗をたらして一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するときも多いが、今日はめちゃめちゃ空腹だったから、早く帰って何かを食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨晩のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋にずいぶん残っていた気がする。
ご飯だっておそらく、冷や飯が冷蔵庫に入っているはず。
少年は期待しながら早足で家を目指した。
すると体中に、汗がいっそう噴き出してきた。

陽気に跳ねる彼女と枯れた森
観覧するのにめちゃめちゃふんだんに歩き進まなくてはならない動物園は、夏季はとても暑すぎてきつい。
知人と奥さんと子供と私と妻と子供ともども合同で観覧しに出向いたが、とても暑すぎて疲れた。
ものすごく日差しも暑いので、動物もほとんど動いていないし、遠くの影に身を潜めていたりで、非常に見えなかった。
次は、涼しい水族館などが暑い季節はいいだろう。
娘が幼稚園の年長くらいになったら夜間の水族館や動物園も愉快だろう。

熱中して叫ぶあなたと突風

そんなに、テレビドラマは見ないが、このごろ、それでも、生きていくを録画してから見ている。
犯人側の家族と殺された側の親兄弟が会うことになってというストーリーで、普通はあるはずがない話だ。
殺された小さな子の親兄弟と犯人側の両親と妹のどちらの家族も悲しいめにあっている話が出されている。
流れの内容はすごく暗いけれど、しかし、映像はきれいな雰囲気にされている。
花や緑や自然の映像がものすごく多く使われていて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像が大変多く使われている。
このあと、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

ぽかぽかした日曜の午前は想い出に浸る
私の子供がマルモダンスにはまっている。
私は教えていないけれど、3歳だけど頑張って踊っている。
どこかでマルモダンスの音が流れると、録画した映像を見ると主張して泣く。
録画したものを流すとエンドレスでずーっと休むことなく見ている。
母親としては、映像を見ているよりは本を読んだり、おもちゃなどで体を使って遊んだりしているほうがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今のうちに遊んでおくのも私の為だ。

暑い金曜の夕方は昔を思い出す

子供の4歳の誕生日が近いので、誕生日プレゼントを何に決めようかを迷っている。
妻と相談して、体で遊ぶ遊具かためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決められないので、実物を見て決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
しかし、子供に遊ばせてみたら、以外とあっさりと決めることができた。
秘密基地というおもちゃに夢中になったので、それに決めた。
ただ、今の借家が小さいので、場所をとらない折りたたみ可能なものに決定した。
値段もなかなか安かったので、助かった。

悲しそうに叫ぶあなたと飛行機雲
田舎に住んでいると、ネットでものが手軽に買えるようになったのが、大変手間がはぶける。
その理由は、まともな本屋が市内に2軒しかなくて、本の品ぞろえも悪いから、購入したい雑誌も手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりインターネットで買う方が手間がかからない。
なぜならば、本屋に行くだけで原チャで30分かかるからめちゃめちゃめんどうだ。
オンラインショップに手慣れたら、なんでもインターネットで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが確実に安いし、型番商品は絶対にネット買いだ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

コンテンツ

Copyright (c) 2015 誰にでもある秘めた想い All rights reserved.
▲ページの先頭へ